『Kawaii』 ミス藝大は単純な女性の美しさ 可愛さを競う普通のミスコンとは一味違う 藝大独特のミスコンです。 だからこそ 性別や世間一般の考えにとらわれず 各人それぞれが思う『Kawaii』を 表現して頂きたいと思い このテーマにしました。
おいなりさんが大好きでやまない長尾基史は おいなりさんに感謝の意を伝えるために 彼女とデートで稲荷神社に行くことに。 稲荷神社で参拝をし帰ろうとしたその時 突如目の前が真っ暗に。 目がさめるとそこは… モデル 長尾基史 企画演出 二川菜々、米倉優樂
昔のミスコンには、 女性の外見とその内面を、ある愛らしさの鋳型に当てはめ、 それを美のミューズとして、 受動的なインスピレーションの元とする考えがあった。 そんな押し付けに私は抵抗したい。 でも、可愛いは可愛いで良い。 だけど、無理に可愛くする必要はない。 自分を可愛いと思う私。 自分を可愛いと思えない私。 自分が可愛くなりたい私。 自分が可愛いかどうかなんてどうでもいい私。 どれも全てが同じ私だ。 今の私が、どの私なのか、鏡を覗いて問うてみたい。 モデル担当 小山このか、山本明香里、加藤未星 美術担当 小山このか、山本明香里、志賀俊太 音楽担当 小山このか、山本明香里
「心の、」 悲しみと喜び、不安と希望、恐ろしさと面白さ、怒りと愛…。 遠く離れているはずなのに、それらの境は脆く、時に曖昧。 人の心は単純、かつ複雑。 頭と心のぶつかりに、 2つのあまりにも離れた感情の溶け合いに、 それは生まれることがある。 それは実に儚く、美しい。 モデル HOJIN 美術 蓮溪 音楽 光丸
美しさと醜さ。 それらは果たして分け隔てられるのものなのだろうか。 モデル 奥平光音 美術 服部七海 音楽 須藤佳帆 企画 青山実樹